五輪の家づくり

耐久性に優れた安心の住まいづくり

基礎づくりから構造・外壁にいたるまで耐久・耐震性に配慮。
目に見えない構造部分にもこだわることで優れた強度を保ち、丈夫で強い家が完成します。

耐震・高耐久を実現する基礎

耐震・高耐久を実現する基礎
地震や台風などの外部エネルギーを受けても
歪みにくく、高い剛性を持つベタ基礎工事
建物を支える基礎がしっかりしていなければ、建物本来の強度を発揮することはできません。家づくりで重要な基礎には、ベタ基礎を採用。ベタ基礎は建物を面で支えることで荷重を分散させ、耐震性を向上させます。また、軟弱地盤にも適した基礎です。
基礎パッキン(全周換気)
基礎パッキン(全周換気)
基礎と土台の間に湿気を排出するパッキンを使用。自然の気流を利用した全周換気で、カビなどの流入や結露を防止、耐久性を高めています。
鋼製束
鋼製束
床下の湿気の影響を受けやすく、腐食・白蟻等の被害を受けやすい従来の木材の床束ではなく、安定性と耐久性に優れた鋼製束を使用。

面で空間を支えるモノコック工法

面で空間を支えるモノコック工法
住まいを六面体で支えるモノコック工法
五輪建設の家づくりは、壁や柱・梁などを箱のように一体化して、六面体で支えるモノコック工法をベースにしています。接合部に集中する外力を面全体で分散することで高い強度を実現。地震や台風から受ける荷重にも、抜群の強さを発揮します。
プレカット材
プレカット材
均一で高精度のプレカット材で、高耐震かつ安定した品質を実現。
変形に強い超乾燥材
変形に強い超乾燥材
家屋の「骨」となる構造材には変形に強い超乾燥材「ドライビーム」を使用。

耐力パネルと筋交いを合わせ、
災害に強い耐力壁を実現

img
地震に強く環境にも配慮された構造用合板を採用。地震や台風による水平方向の力を面全体に分散して抵抗し、高い耐震性を得ることができます。

28㎜厚の床合板で水平耐力を向上

床には厚さ28㎜の構造用合板を張った剛床構造を採用。耐力壁とともに住まい全体を支えることで、水平耐力を発揮するほか、上階の物音を伝わりにくくする防音性にも優れています。

素材や通気性に配慮した外壁

  • img
  • img
住宅の総重量をさらに軽くする外壁材
地震のとき、重い建物ほど、地震の力を大きく受けます。外壁材を軽くすることで、地震の際に建物にかかる力を小さくすることにつながります。美しさや性能を追求するだけでなく、住む人にさらなる安心をもたらします。
img東京大学「1995年8月窯業系サイディング被災調査」より(数値は、調査地域の非倒壊住宅のうちの割合を示したもの)
外壁通気(通気金具)工法
高温多湿の日本では、住まいに湿気を滞留させないことが大切です。五輪建設の家づくりでは、通気金物で壁の中に外の空気を取り込んで循環させることで、湿気を防ぎ、耐久性を向上させています。

住宅瑕疵担保責任保険
img

住宅瑕疵担保責任保険とは、住宅の瑕疵担保責任を履行するための資力確保措置の一つとして、住宅事業者が加入する保険です。引渡しを受けた新築住宅の保険の対象となる部分に欠陥が見つかった場合に、その欠陥を補修するためにかかった費用が支払われます。万が一、住宅事業者の倒産等の場合など相当の期間を経過してもなお瑕疵担保責任を履行しない場合には、住宅取得者に直接保険金が支払われます。五輪建設は、株式会社 住宅あんしん保証のあんしん住宅瑕疵保険に加入しています。

  • img
  • img